飛躍し続けながらも、変わらぬ姿がここにある|世界アトミ食堂|指扇

2022年3月、多くのファンに惜しまれながら大倉山での営業に幕を閉じた『世界アトミ食堂』。

次の活躍のステージとして選んだ場所は、埼玉の指扇(さしおうぎ)。

お店の外観から『世界アトミ食堂』の世界観が溢れ出ていて大興奮!

文章:myourenjar 写真:myourenjar 構成:myourenjar


指扇へのおすすめの行き方

菊名から「川越市」行きの電車に乗り、まず向かった先は『川越』。

菊名から川越まで直通運転のため、乗り換えなし。座っているだけ。で1時間40分ほどで川越に到着します。

出典:https://www.navitime.co.jp/ 電車で行く方は、この行き方がとってもおすすめです!

蔵造りの町並みや、時の鐘、菓子屋横丁を散策。

川越名物“いも恋”や、おしゃれすぎるスターバックス、有名なトルコランプのお店などにも立ち寄りながら、小江戸・川越散策を楽しみました。

川越散策を楽しんだら、川越駅から指扇駅までは電車で10分ほどで到着。川越散策からの世界アトミ食堂指扇店へのフルコース、おすすめですので、ぜひ。


さて、ここからが本題。

指扇店へ移転した『ホントのところ』『指扇店ってどんなところ』など、跡見 卓也さん、翔子さん(リリィさん)ご夫婦にお話を伺ってきました。

写真 左:翔子さん/リリィさん|右:跡見卓也さん/跡見さん

縁も所縁もない『指扇』への移転

─── そもそもなぜ、大倉山から「指扇」への移転を決めたんですか。

跡見さん:「地元大倉山は、住みやすくて大好きな町だし、自分の性格的にもほかの場所で、しかも縁も所縁もない『指扇』という場所を移転先に決めるなんて想像もしていなかったんです。」

「そんな自分の気持ちを動かしたのが、自分たちが移転する前にこの場所で超人気居酒屋を営んでいた「ほどほど屋エイト」の高山家との出会いでした。

多くの常連さんに愛されている「ほどほど屋エイト」は、夫婦で飲食業を営んでいて、姉さん女房で、子供が同じ歳で、同じ車に乗っている、とか。

境遇が可笑しいくらい一緒で、距離が縮まるのに時間がかからなかったんです。そんな彼らが京都への移住を決めた話は、他人事とは感じられなかった。」

「大倉山を離れることはこわいし、悲しいけれど、

“この店の跡を継ごう”。

次のステージへ向かう決意をし、指扇への移転を決めました。」

理解してくれる方たちへ最大限のおもてなしを

1年ほどの移転準備期間を経て、遂にOPENを迎えた『世界アトミ食堂指扇店』。待ちに待ったプレオープンのメニューは、新作ぞろい。

<カレー>
エビのクリームカレー
レモンと胡椒のキーマカレー
ネパールチキン

<副菜>
ごぼうのポタージュダル
レモンココナッツサラダ
筍のアチャール
玉ねぎのアチャール
スパイス煮卵

いうまでもなく“最高”にキレキレの美味しさが健在。というよりも、更にパワーアップしている圧巻のカレープレートでした。

─── 更にパワーアップしたカレープレートをいただき、指扇店での意気込みを感じました。プレオープンを迎えての心境は?

跡見さん:「この日を迎えられるまで正直、不安も緊張も大きかったです。

特に力を入れた宣伝などもすることができなかったけれど、大倉山のお客様からの口コミが不思議な力で埼玉に届いていて、蓋を開くと埼玉からのお客様も横浜からのお客様も来てくださり、

改めて、多くの方に支えられていることを感じたプレオープンとなりました。」

「極端な表現かもしれないけれど、誰にでも愛されるカレー屋でなくてもいいと思っていて。

僕たちの出す食べ物を信用して、支持してくれる方たち。新しい味を常に求めている人たちにに対して最大限のおもてなしができるようなお店でありたいなと思っているんです。」

リリィさん:「イートインでカレーの味を楽しんでいただくのはもちろんですが、

お店の雰囲気とか空気感とか、流している音楽も含めて。“この空間で食べるカレー”を楽しんでいただけるといいなと思いながら、店づくりの準備をしてきました。

大倉山から指扇からの移動を何度も繰り返しながらの準備は大変でしたが、1年間じっくりと時間をかけて店づくりができ、こうしてお客様を迎えられたこと、ひとまずほっとしています。」

跡見さん:「大倉山で培ってきた、テイクアウトとイートインでの経験がとにかく大きい。指扇から日本全国、世界に向けて、「世界アトミ食堂」らしさを表現していければ嬉しいです。」

世界アトミ食堂指扇店にainiko

─── 大倉山、横浜のみなさんにメッセージはありますか?

と、質問するとすぐに返ってきた言葉が

「会いたいよーーー!!!!!」でした。

その反応の熱量を感じて、ほっとしてしまった私。

指扇店に移転し躍進を続けながらも、変わらぬお二人の姿と気持ちがここにある

遥々、指扇に行ったのにも関わらず帰ってきたアットホーム感がものすごく嬉しかったし、居心地がよかった。

「また会いにいこう。」

世界アトミ食堂
住所:埼玉県さいたま市西区高木133-12
Instagram:@atomi_curry_official
WEB:https://atomisyokudou.com/
(2022/5/7)

老舗の強みを生かした新鋭カフェバー|ペドーネ / カフェ・ド・ピオン|大倉山

東急東横線、大倉山から歩いて2分ほど。モダンな外観と大きな窓で解放感のある「ペドーネ / カフェ・ド・ピオン」。

お話を伺ったのは、オーナーの塩坂圭さん。圭さんのご実家は、1988年にOPENした大倉山の老舗パティスリー「パティスリーピオン」

ウインドサーフィンのプロ選手として活躍していた経歴を持つ、異色のパティシエがOPENさせたのが今回ご紹介するお店ペドーネ / カフェ・ド・ピオン

2020年5月にピオンのケーキが食べられるカフェ「カフェドピオン」をOPENさせた後、2021年10月にバール部門「ペドーネ」をジョインする形でリニューアルオープン。

現在カフェとイタリアンの二面の顔を持つ「ペドーネ / カフェ・ド・ピオンとして、多くのファンを魅了している、新鋭人気店です。

左:パティシエ、景(かげ)さん|真ん中:オーナー、塩坂圭さん|右:シェフ、吉田さん

文章:myourenjar 写真:myourenjar 構成:myourenjar


親から子へ子から孫へ、受け継がれる味に

母体の大倉山の老舗パティスリー「パティスリーピオン」は、圭さんのお父さまがオーナシェフを務め、1988年に創業したお店。

店内には、種類豊富な生菓子、焼菓子やチョコレートなどが並び、1日中お客さまが絶えず訪れる、大倉山のまちに根付いたパティスリー

「大倉山」というネーミングのケーキや、大倉山ハチミツを使った焼菓子などが並ぶ。

圭さん:「ケーキに使わせていただいている果物は、全国各地の契約農家さんから直接仕入れをさせていただいています。

市場に出回らないような品質の良い果物を使用することができているのは、これまで培ってきた“契約農家さんとの関係が築けているからこそ”だと思っています。」

日常のケーキから、特別な日のケーキまで種類豊富な美しいケーキたち。

「お店と共に自分自身も年を重ねて、子供を持つ親になった今。お店に来てくださるお客さまが『小さい頃に食べていた味を子供にも食べさせたい』と、

ケーキを買いに来てくださる姿を見るのがとても嬉しいんです。

この地域で長くお店を営ませていただいているからこそ、感じられる喜びです。いつ来ていただいても、変わらない味がここに来ればある。そんなお店を続けていけたら、と。ピオンのケーキをもっと気軽に食べられるお店を作りたいと『カフェ・ド・ピオン』の開店を決めました。」

ここ「ペドーネ / カフェ・ド・ピオン」では、「パティスリーピオン」で作られたケーキや焼菓子を、イートインやテイクアウトで楽しめます。

取材に伺った日も、お客様がケーキを求めに立ち寄られ「ここでピオンさんのケーキを食べていけるのは嬉しいわ。」と話されている姿が印象的でした。

老舗の味を気軽に楽しめるカフェスペースとしてケーキをイートインする方も多くいらっしゃいますが、夜のディナータイムにも、ウィンドウに並ぶケーキを楽しめるので、お食事を楽しんだ後のデザートとしても利用できるのは、嬉しいサービス。

強みを生かした逸品たち

母体が老舗パティスリーだからこそ実現できるのが、契約農家さんから直送されたフルーツを使ったいイタリアン。

バルサミコ酢とイチゴの酸味、ナッツの食感。五感で楽しめる前菜。見た目も華やかで美しい。

トレビス、いちご、ブルーチーズのサラダ』は、トレビスの苦味とブルーチーズの塩味、熟成バルサミコと一緒にいただく、新鮮なイチゴ。ビールやワインと一緒にいただきたくなる逸品。

季節の果物を料理に取り入れていくのができるのは、パティスリーでの長年培ってきた経験がるからこそで、季節によって使われる果物も変わるのも、訪れる楽しみのひとつに。

こちらは、『ホタルイカと魚介出汁のアランチーニ』。アランチーニとは、ライスコロッケのこと。

ナイフを入れると、とろーりチーズがたっぷり!ホタルイカがいい役していて、これもお酒が進んでしまうやつ!!

ホタルイカのワタを味のベースに魚介の出汁の旨味、中にはモッツァレラチーズを忍ばせている、初めての感覚のライスコロッケ。これ、絶品でした。

最後にご紹介するのは、お店自慢の看板メニューでもある沖縄ロイヤルポークを使った『ポルケッタ』

これは、絶対食べてほしい。手間暇かけて作られているハーブとスパイスが、ロイヤルポークと相性抜群!ビールやワインと一緒にぜひ!!

通常よりも30日間長く手間暇をかけて飼育することにより、肉質がきめ細かく柔らかな仕上がりが魅力の「沖縄ロイヤルポーク」。飼育の餌にもこだわっているため特有の臭みがないのも特徴です。

そこに数種のハーブとスパイスを練り込んで塊のまま豪快に巻いて焼く、イタリア定番のお肉料理。

シェフ|吉田さん:「メニューを考えるときは、季節感と、旬の食材をベースに色んな調理方のアプローチを日々模索しています。

基本はイタリアンのアプローチではあるのですが、料理の師匠は和食の人だったので、和と融合させたり、暑かったらエスニック要素を入れてみたり。」

手元にあるお肉は、大倉山人気精肉店「肉のヤマザキ」さんの和牛。地元の店舗さんとの繋がりも大切にされています。

「イタリアのワインやランブルスコ、日本のクラフトビールなどのドリンクメニューも豊富に取り揃えているので、お料理とのマリアージュをお楽しみください!」

友達の家に遊びに来るような感覚で

ペドーネ / カフェ・ド・ピオン」の店内の壁の色は一面青色。

これは、圭さんがウインドサーフィンのプロ選手として活躍していたことから、海や空の色をイメージして選んだものなんだとか。

開放的で爽やかの雰囲気の店内イートインスペースのほかに、カウンター席やテラス席も用意されているので、色々なシーンで利用可能。

圭さん:「とにかく、気張らずに気軽に遊びに来てもらえるお店を作りたくて。このお店自体が、ケーキが食べられるし、カフェ利用もできるし、お酒も飲めるし。どうやって使っていただいてもいいんですよ(笑)

ご家族連れでいらしたお客様で、お子さんはケーキを食べながら宿題してて、ご両親はお酒を楽しんで、という風にご利用されている方がいて。そんな風に、友達の家に遊びに行くような感覚でふらっと立ち寄れることができるお店でありたいと思っています。」

一人でサクッと立ち寄れる雰囲気と価格設定が嬉しい。

ペドーネ / カフェ・ド・ピオンにainiko

ランチ、ディナー共にを利用させていただいたことがありますが、とにかくスタッフの方の雰囲気がいい!

さりげなく今日のおススメ料理を教えてくれたり、料理に合う飲みものを、楽しくわかりやすく複数提案してくれたり。

初めて訪れたのに、温かく出迎えてくれるお話の仕方と接客で、すぐに溶け込めるアットホーム感。その居心地の良さと、お料理と飲み物の美味しさに「すぐにまた来たい。」と思ったほど。

シェフ|吉田さん:「僕にとって“外食はとても楽しい時間”なので、お客さんにとってもお店にいる時間がほんの少しだけでも日常の中のいい時間になってくれれば、めちゃくちゃ嬉しいんです!

色んな背景をもった人が一つの空間にいて、それぞれがそれぞれの楽しみ方をしてる風景を見ることが、働いていて楽しいと感じるときですね。」

景さんの笑顔と接客も大好きです!

ひとりでも、デートでも、家族団らんでも、色々なシーンで気兼ねなく利用できる、老舗の強みを生かした新鋭カフェバー「ペドーネ / カフェ・ド・ピオン」。

こんなお店がまちにあると嬉しい。そんなお店です。

ペドーネ / カフェ・ド・ピオン
住所:〒222-0037神奈川県横浜市港北区大倉山2-4-10リンモビル101
Instagram:@cafe_de_pion_pedone
パティスリーピオン
住所:〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山3-2-2
Instagram:@pion_1989
WEB https://www.pion1989.com/
(2022/4/20)